FC2ブログ

microcosmos F

本村俊弘―写真集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

警察官殉職―東武東上線常盤台駅踏切

撮影者:本村俊弘 motomura toshihiro (JAPAN)
撮影日:2007年2月15日午後3時01分
撮影地:東京都板橋区常盤台(東武東上線ときわ台駅/常盤台駅前交番所)
カメラ :Nikon CoolPix7900

献花と記帳する人たち。ひっきりなしに人々が訪れていた。遠方より来ている人達もたくさんいた。
警察官殉職(1)


自殺しようとした女性を救助した警察官は私と同じ54歳であった。私も献花と記帳をする。
警察官殉職(9)


警察官殉職(6)


警察官殉職(3)


警察官殉職(10)


現場となった踏切を常盤台駅プラットフォームから撮影する。線路は池袋方面に向かう。
警察官殉職(8)


現場を常盤台駅プラットフォームから撮影する。
警察官殉職(7)


現場となった踏切を上りの池袋行きの電車が通過する。
警察官殉職(4)


現場となった踏切。
警察官殉職(2)


東武東上線常盤台駅前
警察官殉職(5)


☆http://www.topics.or.jp/index.html.?m1=10&m2=33&eid=news_117167335236&vm=1

2007年2月宮本警部殉職
 東京都板橋区の東武東上線の線路内で、女性を助けようとした警察官が電車にはねられ、命を落とした。 勇気ある警察官の死が、私の心を揺さぶる。 殉職したのは、警視庁板橋署の常盤台駅前交番に勤務していた宮本邦彦警部(53歳)―(巡査部長から二階級特進)。 宮本警部は、踏切から線路に進入した自殺志願の女性をホーム下の避難場所に押し込もうとしたが間に合わず、電車にはねられてしまう。自殺志願の女性も電車にはねられ、重傷を負った。 宮本警部は意識不明の重体となるが、搬送先の病院で帰らぬ人となった。 記帳台が設けられた交番には、私が冥福を祈り記帳しに訪れた日も、次から次へと住民が訪れていた。 宮本警部にはもう会えないが、宮本警部の警察官としての情熱は語り継がれ、これからあとに続く多くの若き警察官に勇気を与えることだろう。 心から宮本邦彦警部の冥福を祈りたい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://motopax.blog49.fc2.com/tb.php/18-b21035c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

microcosmos

Author:microcosmos
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

counter

counter

♪BGM

©Plug-in by PRSU

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。