microcosmos F
本村俊弘―写真集
プロフィール

microcosmos

Author:microcosmos
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター

counter

counter



♪BGM

©Plug-in by PRSU



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


長崎ランタンフェスティバル2014
長崎ランタンフェスティバル2014

スポンサーサイト

出会いがしら
撮影者:本村俊弘 motomura toshihiro(JAPAN) 
撮影日:2010年8月28日18:29
撮影地:埼玉県川越市熊野町
カメラ :Nikon E7900

交通事故(9)

交通事故(8)

交通事故(7)

交通事故(6)

交通事故(5)

交通事故(4)

交通事故(3)

交通事故(2)

交通事故(1)



テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース


矢沢永吉-東大五月祭で熱唱
撮影者:本村俊弘motomura toshihiro(Japan)
撮影地:東京都文京区本郷(東京大学本郷キャンパス安田講堂前)
撮影日:2010年5月30日13:31
カメラ :Nikon D5000

矢沢永吉

矢沢永吉

矢沢永吉

矢沢永吉

矢沢永吉


テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真


花火
花火

花火(2)

花火(1)

撮影者:本村俊弘motomura toshihiro
撮影日:2005年
撮影地:埼玉県与野市


朝火事
撮影者:本村俊弘 motomura toshihiro (JAPAN)
撮影日:2006年2月
撮影地:東京都練馬区

朝火事(1)


朝火事(2)

朝火事(3)


朝火事(4)


20060216001506.jpg


20060216002358.jpg


20060216002653.jpg


焼け跡(1)


DSCN0802.jpg




自民党総裁選で「麻生コール」を連呼する若者集団
撮影者:本村俊弘 motomura toshihiro (JAPAN)
撮影日:2007年9月23日(日)午後1時31分
撮影地:東京都千代田区 自民党本部前

自民党本部前(1)


若者たちを見ると特に政治的に強い関心を持つとは思えないような青年たちであった。
自民党本部前(2)


「麻生ア ソ ウ! ア ソ ウ!ア ソ ウ! 」と連呼する若者集団。
自民党本部前(3)


「麻生」と紙に書いたものを掲げている。
自民党本部前(4)


メディアが若者たちを取材している。
自民党本部前(5)


機動隊員及び警察官が規制している。私が道路に一歩はみ出して撮影するとすぐ寄ってきて「歩道に戻りなさい!」と言ってきた。
自民党本部前(6)


自民党本部
自民党本部前(7)


自民党本部前
自民党本部前(8)


自民党本部前(9)


一般的な若者たちと感じられた。
自民党本部前(10)


自民党本部前(11)


自民党本部前(12)




警察官殉職―東武東上線常盤台駅踏切
撮影者:本村俊弘 motomura toshihiro (JAPAN)
撮影日:2007年2月15日午後3時01分
撮影地:東京都板橋区常盤台(東武東上線ときわ台駅/常盤台駅前交番所)
カメラ :Nikon CoolPix7900

献花と記帳する人たち。ひっきりなしに人々が訪れていた。遠方より来ている人達もたくさんいた。
警察官殉職(1)


自殺しようとした女性を救助した警察官は私と同じ54歳であった。私も献花と記帳をする。
警察官殉職(9)


警察官殉職(6)


警察官殉職(3)


警察官殉職(10)


現場となった踏切を常盤台駅プラットフォームから撮影する。線路は池袋方面に向かう。
警察官殉職(8)


現場を常盤台駅プラットフォームから撮影する。
警察官殉職(7)


現場となった踏切を上りの池袋行きの電車が通過する。
警察官殉職(4)


現場となった踏切。
警察官殉職(2)


東武東上線常盤台駅前
警察官殉職(5)


☆http://www.topics.or.jp/index.html.?m1=10&m2=33&eid=news_117167335236&vm=1

2007年2月宮本警部殉職
 東京都板橋区の東武東上線の線路内で、女性を助けようとした警察官が電車にはねられ、命を落とした。 勇気ある警察官の死が、私の心を揺さぶる。 殉職したのは、警視庁板橋署の常盤台駅前交番に勤務していた宮本邦彦警部(53歳)―(巡査部長から二階級特進)。 宮本警部は、踏切から線路に進入した自殺志願の女性をホーム下の避難場所に押し込もうとしたが間に合わず、電車にはねられてしまう。自殺志願の女性も電車にはねられ、重傷を負った。 宮本警部は意識不明の重体となるが、搬送先の病院で帰らぬ人となった。 記帳台が設けられた交番には、私が冥福を祈り記帳しに訪れた日も、次から次へと住民が訪れていた。 宮本警部にはもう会えないが、宮本警部の警察官としての情熱は語り継がれ、これからあとに続く多くの若き警察官に勇気を与えることだろう。 心から宮本邦彦警部の冥福を祈りたい。


朝火事(2)
撮影者:本村俊弘 motomura toshihiro (JAPAN)
撮影地:東京都板橋区東武練馬駅付近
カメラ :Nikon E7900

朝火事(2)

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。